犬の椎間板ヘルニアに要注意|ミニチュアダックスフンドに多い病気

ペットを飼う責任

犬と猫

ペットを買う前にペットを飼うための責任を考えましょう。ペットは生き物です。それでも飼いたい方は愛知のペットショップで購入することができます。 子犬を選ぶ際には相性が大切です。

More…

大切なのは主従関係

家族と犬

犬のしつけは飼い主の義務です。きちんとしつけができていないと飼うことが困難になり、大切なペットと一緒に暮らすことができなくなります。犬をしつける際にはいくつかのポイントがあります。

More…

早めに発見することが大切

医者と犬

最近ペットが運動を嫌がるようになったと感じる人は注意が必要です。また足を引きずったり、歩き方がおかしいなど飼っている犬にこのような症状がある場合は椎間板ヘルニアかも知れません。椎間板ヘルニアとは様々な原因で起こる椎間板の病気のことです。主な原因は激しい運動で椎間板に負担をかけすぎたことにより起こるとされています。また椎間板ヘルニアになりやすい犬種があり、ミニチュアダックスフンドやパグやビーグルなども椎間板ヘルニアにかかりやすいとされています。発症するのは犬種だけでなく、加齢も原因の一つです。発症する部分によっても症状は異なりますがしびれや麻痺があり、酷くなると自力で立てなくなったりすることもあるため、早めに治療することが大切です。症状が軽いうちなら薬を使い治療します。療養中はゲージに閉じ込め、運動を制限することで症状を緩和することができます。しかし重度の椎間板ヘルニアの場合は手術などの外科的な治療を行なうことになります。手術後はすこしずつリハビリを行い通常の生活に戻れるようにします。椎間板ヘルニアは直接命に関わる重大な病気ではないので安心ですが、歩けなくなると結果的にいろいろな機能が弱くなり病気に繋がる恐れもあるので注意が必要です。予防のために椎間板ヘルニアになりやすい犬種の場合は激しい運動をさせないことやまた体重の管理を徹底するなどの対策を行い、ペットに異変があった場合にはすぐに動物病院を受診するようにしましょう。

最後のお別れをしよう

お墓

ペットは家族の一員です。大切なペットだからこそ最後まできちんと送り出してあげましょう。最近ではペット火葬を行う人が多くいます。ペット火葬はインターネットで調べることができます。火葬後のことも考えて業者を選びましょう。

More…