犬の椎間板ヘルニアに要注意|ミニチュアダックスフンドに多い病気

最後のお別れをしよう

お墓

ペットは家族のような存在です。核家族化が進む影響でペットを飼う人は増えてきています。そんな大切なペットが亡くなってしまうと悲しくて何もする気にもなれないでしょう。しかし大切なペットだからこそ最後までちゃんと送り出す必要があります。ペットの供養の仕方はいろいろありますが火葬をおすすめします。ペット火葬の流れは火葬を行う業者を選びます。最近はインターネットで簡単に情報収集を行なうことができます。ペット火葬のコースを選び業者に連絡します。業者と相談して火葬の日にちを決めましょう。ペット火葬の日にちを決めたら火葬する時に一緒に燃やしてほしいものを準備しておきます。ペットが大好きだったおもちゃやえさなども一緒にいれることができます。また希望であれば通夜を行うことができます。火葬の日まで十分にペットとのお別れの時間を設けましょう。火葬の日にお迎えがきます。業者によって火葬場に一緒に行くことができる場合もありますが、ここでお別れをする場合もあります。火葬場まで行く場合は予め業者に確認しておくようにしましょう。火葬場まで同行した場合は火葬後骨上げを行ないます。火葬はこのような流れです。

ペット火葬後のサービスも考えて業者を選ぶことが大切です。火葬したら骨をどうするか決めなければいけません。そばにおいておきたいという方はペット用の仏壇に祀り管理することもできますし、動物霊園で供養してもらうこともできます。霊園を選ぶ際は、通うことを考えて家からあまり離れていない所を選ぶとよいでしょう。霊園では年に数回、お経をあげ供養を行います。また霊園によっては、他のペットと合同ではなく個人用の墓を建てることも可能なところもあります。