犬の椎間板ヘルニアに要注意|ミニチュアダックスフンドに多い病気

大切なのは主従関係

家族と犬

犬を飼う時にはきちんとしつけを行なわなければいけません。犬のしつけは飼い主の義務です。犬はもともと狼でした。そのため群れで行動しますし、群れには必ずリーダーがいます。リーダーがいないと犬はストレスさえ感じてしまうのです。そのため現代でも犬には飼い主というリーダーが必要です。きちんとしつけを行うことができるのも、この関係があってこそでしょう。犬のしつけをきちんと行なっていないと、人に噛み付いたり、無駄吠えをしたり一緒に生活することが困難になってしまいます。また拾い食いなどのクセも犬自身の健康にも関わってきますので、きちんとしつけを行なうことが大切です。犬のしつけにはいくつかのポイントがあります。犬はその種類によって性格が異なります。気性が激しい犬もいれば、飼い主に従順なおとなしい犬もいます。犬種にあったしつけの方法を行いましょう。犬のしつけに大切なのは常に同じような態度をとることです。飼い主の気分でやっていいことと悪いことがコロコロ変わってしまっては犬も困惑してしまいます。一貫した態度でしつけに望むことが大切です。命令などの掛け声も統一してください。またきちんということを聞けた時はほめてあげましょう。犬のしつけは根気良く行なうことが大切です。一日二日で習得するものではありません。飼い主の根気が必要です。もし、トイレなど失敗するようでも大きな声でしかりません。ダメ!と短く低い声で言うのがポイントです。決して体罰などは行わないでください。犬のしつけに大切なのは抑えつけることではなく、信頼しているからできる主従関係です